【こころカフェ】ゆるく楽しく、ふらっと心のお話を

”こころカフェ”
それは月に一度のお昼過ぎに開かれるこころのおはなしの会。
今回はそんなこころカフェを開催するお二人の心理カウンセラー、渡部英人さんとわたなべひろ子さんにお話を伺ってきました。

こころのこと、お話ししてみよう

こころの雑談をする中で、悩みを共有しあったり、考えを出し合ったりできる場というこころカフェ。
悩みの解決を目的とせず、話すだけでも楽になるのだといいます。

ーーーそんなこころカフェをはじめたきっかけは何だったんですか?

英人さん:こころカフェは、元々は”ふらっとお悩み相談”という名前だったんです。
それがこころカフェになったのが昨年の11月。
ふらっとお悩み相談を始めたのは、会津に気軽に相談ができる場所ってあんまり知らないな、じゃあやるか!って。
その第一回にひろ子さんが参加してくれて。

ぴろ子さん:そう。私はまだカウンセラーになりたてで、いろんな方のお悩みを知りたくて。

英人さん:「ひろ子さんの方が話聞くのうまいじゃん。一緒にやりませんか?」って、2回目から一緒に。それから一年経ってもっともっとラフな場にしたくて名前を変えて・・・内容はそんなに変えてないですけど。
ぴろ子さん:まぁちょこっと変えたね。
英人さん:ちょこっとだけ変えて
ぴろ子さん:あと趣旨も変えたよね。会の目的をガラッと変えて。親近感があるような感じになった気がする!

ーーー(それって大分変わってるんじゃ・・・)

英人さん:だいぶ明るくなりましたよね。

おいでよ、もっと気軽に。
生まれ変わったこころカフェ

悩み相談という暗いイメージから脱却し、明るくなったこころカフェ。
悩み相談だけではなく、雑談したい方、心のことに興味のある方が、今までよりもっと気軽に、ふらっと訪れる場となりました。老若男女、年齢問わず集まる参加者の中には、リピーターになる方も多いのだとか。
しかしその理由はそれだけではないようです。

ぴろ子さん:イメージを一新した以外に、二人の知っている知識を共有し合って、心の事についてお互いの知っていることを教えあったことがあったんです。

その時にひでちゃんが閃いて、参加する人も心の事について勉強できるよう、カウンセラーによるミニ講義もやるようにしました。
心の事に対してお勉強みたいな。会の中で話題として、講義の内容について話してもいいし。

英人さん:そんなことありましたっけ。よく覚えてますね!
ぴろ子さん:え、これ最近の話だよ?

ーーーこころカフェにはテーマとかあるんですか?

ぴろ子さん:テーマは、ゆるーく楽しく心の話をしよう。
カウンセラー二人がめっちゃゆるいんです。悩み事を聞いていても最後は笑い話になっちゃうというか。
英人さん:笑ってる。確かに。
ぴろ子さん:笑って終わってる。毎回楽しい!
ふらっとお悩み相談の時は硬いイメージを持たれていたみたいで。カウンセラーに分析されるんじゃないかって。
英人さん:あぁー。言われた、それ!
ぴろ子さん:中身はすごく楽しかったんですけど、それが伝わってなかったんですね。

頼れる?こころカフェの立ち上げ人
渡部英人さん

そんなこころカフェ立ち上げ人の渡部英人さんですが、副業支援や異業種交流会など、他にも会津で様々な企画をされているそうです。

英人さん:大学卒業後6年くらい関東で働いて、2017年の12月に会津に戻ってきました。

関東の方は今僕がやっているイベントのようなものがそれこそたくさんあったけど、会津に帰って来たらそういうものが全然無い。
じゃあ、何かやるか。そうやって始めて、それを通して仲間ができて。
できた仲間と一緒に今いろんなことをやっている感じですね。

ーーーこころカフェには終着点というか、目標はあるんですか?

英人さん:ん?多分ないね。
ぴろ子さん:ない。

英人さん:何かを始める時にゴールは決めないんです。
これはどういう風になっていくんだろうって変化を想像するのが楽しい。
最初から形が決まっているゴール自体はそんなに楽しくないというか。
だから心の事とか多分好きなんだと思いますね。”その人”によって全部違うから。

ーーーなるほど。ちなみに、集客や広報はどんなふうにされてるんですか?

ぴろ子さん:特に頑張ってないです。
英人さん:その”ゆるさ”が 良いんじゃないですか?
発信はインスタ、Facebook、ブログくらい。

ぴろ子さん:私はブログにはあんまり上げてないな。ジモティもあるよね。

英人さん:そんなに焦りがないというか、来なくても別にいいやって。

ぴろ子さん:来なかったら、みんな今日は楽しかったんだなって思える。

英人さん:目的がしっかりしていれば、心折れることなく続けられます。
後は、僕らが楽しんでるのが1番じゃないかな。

ーーー良いですね。みんな和気あいあいで楽しんでいるというか、仲が良さそうで。

ぴろ子さん:私たち赤の他人なんですよ?
同じ名字だからいろいろ誤解を招くんですけど、夫婦でも家族でも兄弟でもありません。
英人さん:たまたまですね。
ぴろ子さん:そう。今後なる予定もありません!

障害も、向き合えばお友達
わたなべひろ子(ぴろこ)さん

わたなべひろこ(ぴろ子)さん

こころカフェ以外にも、心理カウンセラーとしてカウンセリングなどもしているお二人。オンラインでもカウンセリングをしているそうです。直接会って対談をする方が良いという渡部英人さんに対し、あまり気にしないというわたなべひろこさんは、パニック障害を抱えるカウンセラー。クライアントさん達の中にもパニック障害と向き合う方が多くいらっしゃるそうです。

ぴろ子さん:パニック障害になって、部屋からも、布団からも怖くて出られませんでした。親に抱きかかえられながらおまるに行ったり。
発作の恐怖で、1日中怖くて動けないんですよ。
またなってしまったらどうしよう、って。
それが数ヶ月続きましたね。でも徐々に徐々に良くなって。

ーーーご自身のパニック障害はどうやって良くなっていったんですか?

ぴろ子さん:まずはお薬で症状を抑えつつ、外の世界に慣れて。
最初の目標は玄関まで行ってみる。玄関まで行けたら次の日は靴を履いてみる。靴が履けたら次の日は10メートル歩いてみる。次の日はその先の電柱まで行ってみる。
1人は怖いので、親と一緒に。
できることが増えれば自信になるので、それをこつこつ積み重ねていって、大丈夫なんだって身体に思わせていきました。ちょっとづつです。

ーーーパニック障害の方は会津にもたくさんいらっしゃるんですか?

ぴろ子さん:今、知られている限りで100人に1人がパニック障害なんです。たくさんいますよ。
自分が精神疾患になったことが恥ずかしい、アルバイトも外されるかもって、皆隠したがるんですけどね。
そこの考え方はカウンセリングで変えていく・・・緩ませていく感じですね。
とても苦しかったけど、過去の経験があったから今カウンセラーの私がいる。だから今は、過去の私もパニック障害もありがとうって思ってます。

ーーー色々な心の状態があるのですね。

ぴろ子さん:心の仕組みとか勉強するようになって、すごく楽になりました。

こころの声、探しに行こう!!

ーーー渡部さんのブログに心屋認定カウンセラーと書いてありましたが、どういう意味ですか?

英人さん:スクールみたいな?
ぴろ子さん:カウンセラーにはいろんな流派があって。私も心家流のやり方が入ってます。

ーーーどんな考え方をするんですか?

英人さん:創始者は関西のしゃべるのが大好きなカウンセラーです。もう好きなことだけやっていこう。やりたくない事はやめてこうみたいな。

ーーえ?それ、大丈夫なんですか?

英人さん:大丈夫大丈夫。
ぴろ子さん:あの人の考えに出会って、すっごい楽になった。
英人さん:やりたくないことをやめて、やりたいことをやろうっていうのが基本的な考え方です。それでいいんです。
なんか、日本人の考え方とは逆な気がするよね。
美学になってる”自己犠牲”の逆。自分を押し殺すのが美学だったら、その逆をやってみる。

ーーー気になります。カウンセリング受けてみたいです!

ぴろ子さん:お待ちしております!何か訊かれても分からない時は分からないって言いますよ。
英人さん:自分が気づけば終わるからね。

自分が気づけば終わるとは、一体どういうことなのでしょう。
一人一人と話す時間を大切に、参加希望者が増えても定員数は増やさないというこころカフェ。参加をご希望の方はお早めのご予約を。

ぴろ子さん:人数は、増やしません!!
英人さん:そのうち1年待ちとかになるかもしれないですね。


日程  :月に一度、どこかの休日 ※カウンセラーお二人のSNSをご参照ください
時間  :13:30~15:00
開催場所:AiAi+Plus(アイアイプラス)
住所  :〒965-0005福島県会津若松市一箕町大字亀賀字北柳原45-1
     (​認定こども園 子どもの森 敷地内/アイアイキッズクラブ 右隣)
     https://www.shiraume-aizu.com/aiaiplus
参加費 :1500円

お申込み方法:公式LINEアカウント
       下記URLから友達追加し、参加の旨メッセージ下さい(どちらでも大丈夫です)
       渡部 英人 → https://lin.ee/sL7Wc8Z
       わたなべ ひろ子(ぴろ子) → https://lin.ee/uX7gczy
定員:4名
※お名前、連絡先、参加の旨ご連絡下さい。当日はニックネームでも可能です。

 
  主催者プロフィール

・渡部 英人(わたなべ ひでと)
福島県会津若松市出身。
大学卒業後、IT企業に勤めるが、コミュ障でうまく人間関係を築けず悩む。コミュ障を直そうと模索する中で、友人に誘われた講演をきっかけに、コミュ障でありながら本当は人と関わることが好きであることに気付く。
変わろうと努力するが、理想を追い続けることで現実に潰され、2度鬱状態になる。
その後、メンターである心屋仁之助さんの考え方を実践し、理想の自分を追うより、ありのままを自分を受け入れ、自信がなくても自分らしく幸せな生き方、働き方を見つける。
”人生はいつでも、優しい形でやり直せる”をミッションに、現在は「自信がなくても、自分にウソをつかず生きる」をテーマに、ジブン生き直しサポーターとして、会社員兼個人事業主として、地元の会津若松で心理カウンセラー、心理学講師として活動中。
また、こころカフェ始め、様々なイベントを主催している。
ホームページ
https://kokorone-smile.jp

・わたなべ ひろ子(ぴろ子)
福島県会津若松市出身
悩みを吐き出せず1人でなんでも溜め込んでしまったり、周りの目を気にし過ぎることから、パニック障害・うつ病で倒れる。長年投薬治療をしていたが良くなったり悪くなったりを繰り返す。
その時にカウンセリングに出会い考え方の軌道修正をし生きやすくなる。その事から心に興味を持ち「心の在り方」や「心の仕組み」を勉強。
自分の経験と学びを活かし現在心理カウンセラーとして活動中。
ホームページ
https://ruporupo.wixsite.com/piroko


吉村 愛

裏磐梯のハーブ園Bandiaで企画、広報、デザイン等を担当。
好きなものは楽しいこと、美味しいもの、きれいな景色。
趣味は作ること、聴くこと、読むこと、眺めること。