記事一覧
56件

おたねくん1

みなさん、こんにちは! 突然ですが、みなさんは「おたねくん」に会ったことはありますか? 「おたねくんって何?」「妖精?」「小さい子?」いろんな声が聞こえてきそうですが、今回は、会津を代表するゆるキャラのひとつで、背が高く…もっと読む

会津若松の中心市街地を南北に走る神明(しんめい)通り。3本の国道が重なるこの場所で商売を営む施設を束ねるのが神明通り商店街振興組合です。 今回、お話を伺ったのは理事長の堂平義忠様。 自らのお店の経営から組合の運営まで、お…もっと読む

福島県喜多方市にある中学生対象の学習塾「かけはし」。 塾の経営を行っている石島来太さんに今回はお話を伺えることになりました。 本当の学びは教室の外に溢れていること。 学びはあらゆる世界を行き来する「かけはし」であることが…もっと読む

観光客や地元の人達で賑わう七日町通り。蔵を利用したお洒落なお店やノスタルジックな建物など、レトロな雰囲気たっぷりのこの場所に、2016年にオープンしたパン屋さん【panfeel SHUN】。 ヨーロッパの街角に迷い込んだ…もっと読む

会津の観光商店街「七日町」、その商店街の「七日町通り」を歩いていると美味しそうな匂いが漂ってくる、その匂いのする場所にたどり着くと、そこには美味しそうなご飯と面白い雑貨が並んでいた。カフェと雑貨屋が併設されているそのお店…もっと読む

あいづっぺでぃあ取材班で集まり、ランチミーティングをしました。 会場となったのは、会津若松市七日町にある味噌の老舗「満田屋」。今回はこの満田屋をご紹介します。 江戸から守り続ける味噌の味 満田屋は、江戸末期(天保5年・1…もっと読む

喜多方市塩川町。ここに創業明治10年、代々の技術を継承しながらこだわりの製法を守り続け、会津の恵まれた自然の中、味噌醤油を製造している【淀屋】というお店がある。 今回は、淀屋の後継者「味噌を愛する男」武藤隆弘さんにお話を…もっと読む

会津若松駅から徒歩10分。江戸時代は商人町として栄た会津若松市中央一丁目に佐島屋印刷所はあります。 右側の建物がプリントショップ、左側の建物は佐島屋印刷所です。 今回は、右側のプリントショップで、佐島屋印刷所の代表、五十…もっと読む

喜多方駅を降りて徒歩30秒のところにとあるお土産屋さんがあるんです。 そこはなんと、明治43年創業の商店!! 行ってみると美しい看板娘の方が、 温かく「いらっしゃいませ!」とお出迎えしてくださいます。 今回は、そんな歴史…もっと読む

会津木綿をあなたはご存知ですか? え、知らない方!!やばいですよ!! 急いでinstagramを開いて、 長嶺恵美さんの投稿を見てください! 会津木綿を愛して止まない。 長嶺さんは、世界中に会津木綿の魅力を発信しているん…もっと読む