記事一覧
46件

会津若松市にある、会津の野菜・伝統野菜を使ったパンが売りの「會・matiereマチエール」というパン屋さんをご存知でしょうか。 会津産の野菜と伝統野菜を使っているほか、添加物を極力おさえて手作りしているため、安心して食べ…もっと読む

withコロナの時代になり1年。 最近では「ワーケーション」「テレワーク」「脱ハンコ化」など、これまで当たり前とされてきた働き方や地域のあり方を見直す機会も急速に広まってきたのではないのでしょうか。 そこで、今回は喜多方…もっと読む

最近、「リノベーション」という言葉を耳にする機会が増えました。リノベーションとは古い建物の性能を向上させながら改修し、その建物に第2の新しい人生を与えることです。 会津若松市で新しいリノベーションのプロジェクトが始まった…もっと読む

近年、使われるようになった新しい言葉、デジタルトランスフォーメーション(DX)。 東北最大級のスキー場を有する磐梯町では、DX(ディーエックス)戦略に力を入れています。 東京で店舗設計やブランディングの仕事を続けつつ、磐…もっと読む

 JR磐越西線 上戸(じょうこ)駅から歩いて約15分。国道49号線の南側に位置し、田畑に囲まれた静かな集落の少し奥にあるのが、今回ご紹介する壽徳寺(じゅとくじ)さんです。お話を聞かせていただくのは住職の松村妙仁さん。「お…もっと読む

会津若松市は西栄町。神明通りのアーケードを抜けてすぐのこの地に創業して今年で74年。 「野に、漆。」というキャッチコピーで、まだ少し堅苦しいイメージの残る漆をアウトドアの世界に持ち込んだNODATE(ノダテ)シリーズを世…もっと読む

こんにちは、2020年4月、あいづっぺでぃあの編集長に就任した古川恵子です。 あいづっぺでぃあには、2019年の立ち上げから関わっています。2019年度は、東京の学生、若者たちによる取材ツアーを3回行いました。 第一回目…もっと読む

 今回、取材班が訪問したのは福島県のほぼ中央に位置する会津磐梯山のふもと、猪苗代町。ここに一般的な美術館とは少し趣の違う美術館があります。  その名前は「はじまりの美術館」。この美術館を開いたきっかけやアートを通した地域…もっと読む

福島県会津若松市にある地方特化のコワーキングスペースがあるんです。 それが、コワーキングスペース「ココカラ」。 個人の方はもちろん、複数人でのミーティングや打ち合わせ、セミナーや各種イベント・教室などに最適なスペースがあ…もっと読む

突然ですが、あなたはパン派?それともご飯派? パン派の人も、ご飯派の人も、どちらも大好きだという人も皆さん必見! 今回あいづっぺでぃあでは会津若松市門田町にある地元に密着したパン屋さん、會・matiereマチエール店主の…もっと読む